ミトコンドリア

ミトコンドリアを増やして若返り

加齢とともにミトコンドリアも老化していきますが、その量を維持したり逆に増やしたりすることは人が生きているかぎり可能といわれています。ではミトコンドリアを増やす方法とはどのようなものなのでしょうか。

 

 

 

 

1.比較的強い運動(腕立て伏せや50Mダッシュ)と軽い運動(ジョギングやウォーキング)をセットで行う。ミトコンドリアは有酸素運動を行う筋肉細胞で増やしやすいのですが、有酸素運動のスイッチが入るのは運動開始から30分後です。1時間近くもジョギングに時間をとれない人は、先に強い運動(無酸素運動)を数分やっておくことで無酸素運動のスイッチがすぐに入ります。

 

 

2.冷水に浸かる。ミトコンドリアは体が危機的状態になった時に細胞内で増えることがわかっています。冷水に浸かるとエネルギー供給システムが活性化されるのですが、その一環としてミトコンドリアが増えていくのです。

 

 

3.食事制限をする。つまりダイエットですが、目的は痩せることではありません。これも体を危機的状態にすることによりエネルギー生成システムの効率を活性化させ、ミトコンドリアを増やすのです。今の飽食の時代では空腹になる前に食べてしまうのが普通なので、体が危機感をもつ時間がなかなかありません。この状態を続けているとミトコンドリアはどんどん減っていってしまいます。 

 

 

 

この他にもバランスのよい食事でビタミンやミネラルをたくさん摂ることも大事です。また、サプリメントとしてコエンザイムQ10もミトコンドリアのエネルギー生成を効率化するとされます。

 

 

続きを読む


 
 

ミトコンドリアを増やす方法関連ページ

ミトコンドリアって何?
ミトコンドリアの役割は血液中の酸素と糖を化学反応させて体を動かすエネルギーを作り出すこと。ミトコンドリアの数と質が若さと運動能力をきめているのです。
レスベラトロールで若返り
人の体が飢餓状態に陥るとサーチュイン遺伝子が活性化され、ミトコンドリアが作り出す活性酸素が除去されるというのです。